親のありがたみを知る合宿免許


運転免許を取るなら、通学か?合宿か?
私は合宿で取りました。
合宿を選んだ理由は親元から離れてみたかっただけです。
大学にも自宅通いだったので、遠く離れたところで生活してみたかったのです。
合宿免許地は鳥取でした。
合宿期間は20日程度でしたが、初めの1週間は授業も簡単で、初めての土地で興奮しているので楽しくて、毎日充実していました。
しかし、1週間過ぎぐらいから、授業も実地訓練が始まり、教官の厳しい指導にさらされ出しました。
しかも、当時の鳥取市は正直、遊ぶところがほとんどなく、1週間もいるとマンネリ化してしまい、宿に帰ってもテレビを見るだけ。
ただ、そのテレビがNHKと民放2局しかなかったのです。
なんだか追い詰められ感がでてきて、実家に電話しました。
久々に親と話すとものすごく落ち着きました。
翌日から、一日でも早く、実家に戻ろうと一生懸命、訓練を受け、ほぼ最短時間で卒業でき、大阪に戻れました。
合宿免許は、免許を取るための手段だけでなく、親のありがたみを身に染みて理解できる絶好の機会かもしれませんね。