運転合宿免許所で、集中して練習する


車の運転には、直ぐに車になじめて車の感覚を掴める方と、そうでない方に分かれます。
車の運転免許を取得する段階で、スタートは同じでも、これらの適性の違いによって、教習所での進み方が異なります。
特に、実技試験は、個人差が出やすいものです。
車の運転免許取得には、なるべく時間間隔を空けずに、車に触れる時間を確保する事が大切です。
このことから、運転合宿免許所での取得がとても効果的です。
宿泊施設に寝泊まりし、教習を受けることが出来るため、集中した練習環境をつくる事が可能です。
さらに、同じ環境での人との出会いにより、教習所でのモチベーションも高まります。
私の場合は、特に、最初から車の感覚になかなかなじめなかった事がありましたが、教習所の先生以外でも、運転合宿免許所で出会った方からの、アドバイスがとても役に立ちました。
そして、同じ場所での宿泊で、食事の時などでも気軽に運転免許の事など車に関しての様々なことを、気軽に話す事で、とても心強く、また集中して過ごす事ができました。